ライトタッチテクノロジー株式会社、総額1.2億円の資金調達を実施




世界初の採血のいらない非侵襲血糖値センサーの開発を行うライトタッチテクノロジー(Light Touch Technology: LTT)株式会社(本社:大阪市港区、代表取締役:山川 考一、以下「LTT」)は、テックアクセルベンチャーズ (東京都港区、職務執行者:大場 正利)、GA投資組合(東京都千代田区、業務執行組合員:後藤 拓)、フューチャーベンチャーキャピタル(京都市中京区、代表取締役:松本 直人)の各社が運営するファンドを引受先としたプレシリーズAラウンド第三者割当増資により総額1.2億円の資金調達を実施しました。今回のプレシリーズA資金調達ラウンドの完了により、2017年の創業以来の資金調達総額は補助金等を含めて約3億円となりました。


LTTは糖尿病患者の方々の採血による血糖値測定に際する苦痛・ストレスの緩和、感染症リスクの低減、並びに糖尿病予備軍、健常者の血糖値管理よる糖尿病予防を目標として、赤外線レーザーを応用した採血のいらない非侵襲血糖値センサーを開発していますが、今回調達した資金により、量産化に向けた試作器の開発を行い、臨床試験、薬事承認に向けた展開を加速させます。




世界で4億人を超える糖尿病患者は、1日4-5回、指などを針で穿刺する採血型自己血糖値センサー(SMBG: Self-Monitoring of Blood Glucose)を用いて血糖値を測定しなければならず、痛みや精神的ストレス、さらに感染症の危険を伴うなどの多くの問題をかかえています。LTTは、最先端レーザー技術により、従来光源と比較して、約10億倍の明るさの高輝度赤外線レーザーの開発に成功し、非侵襲血糖測定技術を世界で初めて確立しました。採血なしに約5秒で血糖値を測定することが出来るため、糖尿病患者の方々はもちろん、健常者による気軽な血糖値管理に活用することで、糖尿病人口の増加抑制、年々増加する医療費や介護費の削減とともに、健康寿命の延伸を目指します。


■引受先について


名称:テックアクセル1号投資事業有限責任組合

運用する企業名:合同会社テックアクセルベンチャーズ

所在地 :〒108-0014東京都港区芝五丁目29番20号

代表者 :大場 正利

URL : https://www.techaccel.co.jp


名称:GA3号投資組合、GA4号投資組合

所在地 :〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目6番5号

代表者 :後藤 拓

担当者 :秋山 友紀


名称:おおさか社会課題解決投資事業有限責任組合

運用する企業名:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

所在地 :〒604-8152京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル

代表者 :松本 直人

URL : https://www.fvc.co.jp




prtimes

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000082314.html




最新記事

すべて表示

【採択決定】

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)「医工連携イノベーション推進事業(開発・事業化事業)」にライトタッチテクノロジーが採択されました。先日のプレシリーズAラウンドでの資金調達とあわせ(2021年7月5日、PR TIMESプレスリリース)、採血のいらない非侵襲血糖値センサーの薬事承認に向けた展開を加速させます。 https://www.amed.go.jp/koubo/12/01/12