5月2日付日経電子版「コロナ下から未来描く 関西スタートアップ、逆風に挑む」にライトタッチテクノロジーが紹介されました。

(記事抜粋)関西のスタートアップが新型コロナウイルスの逆風下、新たな成長を探っています。医療・バイオ、デジタルトランスフォーメーション(DX)、新サービスなどで技術に磨きをかけています。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)をにらみ、大学や金融機関、行政の後押しも活発です。そんなスタートアップを巡る動きをまとめます。



(閲覧には無料登録が必要です)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJE28BGT0Y1A420C2000000/?fbclid=IwAR3EWfy7tSU-dHJYUlDHk1lku34Jnvfs6XdIBEgRd42SGbhv65L2Yjetno4


最新記事

すべて表示

大阪府の報道発表に掲載されました。

「大阪府では、府内における社会課題の解決につながる新たなビジネスの創出及び産業化を促進するため、「おおさか社会課題解決ファンド」を組成する大阪信用金庫及びフューチャーベンチャーキャピタル株式会社と、ファンドの活用促進に関する協定を締結しています。」 https://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=41726&fbclid=