日刊工業新聞3月11日(木)記事にライトタッチテクノロジー株式会社が紹介されました。

(記事抜粋)

ライトタッチテクノロジー(大阪市港区)は、採血不要な血糖値センサーを手がける。独自のレーザー技術を駆使し、機器に指先を触れるだけで血糖値を測定できる。糖尿病の治療には、1日に何度も注射針を刺して採血しなければならない。血糖値センサーは採血と同等の精度を実現し、患者負担を大幅に軽減できる。2021年内にも臨床試験を開始し、23年に医療機器としての発売を目指す。



記事本文(閲覧には会員登録が必要です)

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/591099?fbclid=IwAR1-PNzuGhl5VnHmrN0MJddFE1gnpxLw_WRcBx4N4m7FPpC_FBGWrPYWBY0


最新記事

すべて表示

5月2日付日経電子版「コロナ下から未来描く 関西スタートアップ、逆風に挑む」にライトタッチテクノロジーが紹介されました。

(記事抜粋)関西のスタートアップが新型コロナウイルスの逆風下、新たな成長を探っています。医療・バイオ、デジタルトランスフォーメーション(DX)、新サービスなどで技術に磨きをかけています。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)をにらみ、大学や金融機関、行政の後押しも活発です。そんなスタートアップを巡る動きをまとめます。 (閲覧には無料登録が必要です) https://www.nikkei.com/