特許庁『知財アクセラレーションプログラム(IPAS:IP Acceleration program for Startups)』の2020年度の支援先企業15社を決定

応募企業113社から書類審査を通過した30社について、有識者6名の審査委員会によるピッチ(プレゼンテーション)審査を実施。人手不足解消のロボティクスや先端ヘルスケアなど、世界での活躍が期待できる企業15社を選定した。


https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_14257588/

(朝日新聞DIGITAL)

https://weekly.ascii.jp/elem/000/004/020/4020721/

(週刊アスキー)

https://www.atpress.ne.jp/news/218951 (@Press)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a6bfaa0c68d8c10842e85826506aad91e216f61

(Yahoo!ニュース)

最新記事

すべて表示

5月2日付日経電子版「コロナ下から未来描く 関西スタートアップ、逆風に挑む」にライトタッチテクノロジーが紹介されました。

(記事抜粋)関西のスタートアップが新型コロナウイルスの逆風下、新たな成長を探っています。医療・バイオ、デジタルトランスフォーメーション(DX)、新サービスなどで技術に磨きをかけています。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)をにらみ、大学や金融機関、行政の後押しも活発です。そんなスタートアップを巡る動きをまとめます。 (閲覧には無料登録が必要です) https://www.nikkei.com/